GII Premiumでは高付加価値な「更新型市場情報サービス」を提案しています

Presented by Global Information, Inc
ホーム > 通信/IT 年間情報サービス一覧 > 通信ソフトウェア市場:収益管理

通信ソフトウェア市場:収益管理

Revenue Management

発行回数 随時 商品コード 294427
出版社・調査会社 Analysys Mason

※ 価格につきましてはお問い合わせください。

Analysys Masonの通信ソフトウェア調査ストリームは市場シェアおよび予測データを提供するとともに、世界の通信ソフトウェア市場における動向の詳細な分析も提供します。収益管理(当初は「請求」)は、この調査ストリームにおけるプログラムの1つです。 CSPの収益管理および顧客ケアシステムは、CSPにとってのビジネス支援システム(BSS)を構成します。

主要なCSPの収益管理における成功および失敗を評価し、主要なソフトウェアおよびソリューションサプライヤーを比較するとともに、この市場部門における投資に大きく寄与している主要因を特定します。

調査範囲

  • リアルタイム課金、プリペイドおよびポストペイド請求、中継、ビジネス最適化、評価・課金、および相互接続
  • 4つの主要な地域に分けて、全世界を網羅

主なテーマ

  • 請求システムの統合:いかにCSPが自らの請求システムを強力に推進し、統合サービスおよび請求モデルをサポートするために、ビジネスニーズに追い付こうとしているか
  • アナリティクスアプリケーション:CSPがより加入者中心となれるようにするための高度なアナリティクスの利用
  • 企業クラウド:企業収益管理がクラウドベースサービスのより多様なニーズに対応できるように適応させる
プログラムの成果物
成果物のタイプ発行回数(12ヶ月間)
戦略レポート:予測、定量的モデリング、市場シェアおよび重要トピックの分析3回
ビューポイント:業界内の個別の問題と企業に焦点を絞り込んだ分析(ベスプラクティス、ケーススタディ、革新的ビジネスモデル、各種サービスの予測、技術動向)1回
ベンダープロファイル 7回
解説:業界の最新動向に関する十分な情報に裏打ちされた見解8回
ケーススタディ:CSPにおける収益管理システムの導入事例3〜4回

成果物の主な内容

発行された成果物
(過去12ヶ月間)
発行予定の成果物
(今後6ヶ月間の暫定的な計画)
  • 収益管理システム:世界の予測
  • 収益管理システム:世界の市場シェア
  • Payforit Summit 2013:消費者およびCSPの関心が高まる中、キャリアーの直接請求が本格化
  • CSPはデジタルサービスの可能性を完全に実現するためには新たな種類のBBSを拘置する必要があるかもしれない
  • SME顧客に対する顧客ケアおよび請求支援の提供:CSPにとっての大きな機会
  • OracleがTekelecを買収、通信事業に対する強い関心を実証
  • CSPは新たなビッグデータサプライヤーが提供する独自の価値を注意深く検討すべき
  • キャリアー直接請求:モバイル決済市場におけるシェアをCSPに提供
  • Subex:収益管理
  • Amdocs CES 9スイートは「特選スイート」製品アプローチを通じて、より優れた顧客体験を提供
  • Cisco Live 2013にて、CSPのニーズに対応可能な「新たな」Ciscoシステムを発表
  • ビッグデータ導入プロジェクト:オペレーターにとっての最高のヒント
  • 統合請求システムは不可避:単にいつ、いかにという問題
  • 収益管理システム:世界の市場シェア
    • 市場における主要なサプライヤーの定量的分析
    • 5つの各市場区分別上位サプライヤー6社の内訳
    • 地域別・サービス区分別ベンダー分析
  • 収益管理システム:世界の予測
    • 地域別・サービス区分別5カ年予測
    • 請求、中継、ビジネスの最適化、相互接続、およびパートナー精算
    • Excelスプレッドシート
  • コメント:主要な業界における動きに関するアナリストの見解

テーマおよびトピック
(今後12ヶ月間の暫定的な計画)

  • 戦略的レポート:パートナーの利用による新たなサービス収益の創造
    • このレポートは、サービスを提供するためにパートナーのコンテンツ、機能、あるいは資源を活用し、ますます複雑になるバリューチェーンを、CSPがいかに管理しているかを検証します。具体的には、当レポートはDCBおよびスマートセルに関するパートナー精算について調査します
  • 視点レポート:収益確保と不正の管理
    • 市場におけるベンダー、技術、およびベンダーのための提供モデルに関する視点

© Copyright 2005-2019, Global Information, Inc. All rights reserved