GII Premiumでは高付加価値な「更新型市場情報サービス」を提案しています

Presented by Global Information, Inc
ホーム > 通信/IT 年間情報サービス一覧 > デジタル経済ソフトウェア戦略

デジタル経済ソフトウェア戦略

Digital Economy Strategies

発行回数 随時 商品コード 294423
出版社・調査会社 Analysys Mason

※ 価格につきましてはお問い合わせください。

Analysys Masonのデジタル経済ソフトウェア戦略調査プログラムは、通信サービスプロバイダー(CSP)のデジタル経済への参入に関する調査および詳細な分析を提供します。当プログラムには、経営上のコアコンピタンス、CSP事業および経営支援ユースケース、ならびにベンダーおよびパートナーの機能などに関する分析が含まれます。また、デジタル経済バリューチェーンの中で活動するためにCSPが何をしているかだけではなく、CSPが経営上それをどのように行っているかについての詳細な情報も提供します。このように、当プログラムは、需要側の発展促進要因を分析する、他のAnalysys Mason 調査プログラムとともに入手すべき必携のプログラムです。

調査対象範囲

当プログラムは、CSPに以下のことを実行可能とするソフトウェア戦略を分析します:

  • バリューチェーンにおける重要なリンクに参入することによって、各企業がデジタル小売業から得る価値のより大きな部分を把握
  • 新たなデジタル経済ビジネスに参入するために保有する強みを活用
  • 提供サービスと直接競合するOTT企業からの保護
  • 消費者および企業に提供しているサービスおよび商品の販売を向上するために、最新のデジタル小売手法を利用

他のプロバイダーによるプログラムの多くは「何」を為すべきかを示すだけです。弊社のプログラムは「いかに」それを実行するかを解説し、提言します。

主なテーマ

  • 新規事業への参入: B2CおよびB2B向けM2M、請求サービス、ならびにクラウドベースサービス参入および支援のためのソフトウェア戦略
  • 起業家的なビジネスの実現:ネットワークAPIを開くためのソフトウェア戦略と、CSPのサービスを各企業が革新的に利用することを奨励するための経営支援の提供
  • 最新のe小売業者となる: 最新の小売手法を用いたパーソナライズされたサービスおよび商品のマルチチャネルマーケティングのためのCSP運営構造
プログラムの成果物:デジタル経済ソフトウェア戦略
成果物のタイプ発行回数(12ヶ月)
戦略的レポート: いかにCSPがその経営および戦略的な事業上の強みを活用して、拡大するデジタル経済において自らの提供品でより多くの収益を獲得しているかに関する戦略的資源およびコアコンピタンスの視点1回
視点: 特定のユースケース(優良事例ケーススタディー、革新的ビジネスモデル、特定サービスの予測、技術動向)に関する的を絞った分析3回
コメント: 最新の産業発展についての情報に基づいた意見5回
ケーススタディー: CSPがいかに革新的な方法でデジタル経済に参入したかを示す例5回
© Copyright 2005-2019, Global Information, Inc. All rights reserved