GII Premiumでは高付加価値な「更新型市場情報サービス」を提案しています

Presented by Global Information, Inc
ホーム > 通信/IT 年間情報サービス一覧 > 次世代サービス

次世代サービス

Future Comms

発行回数 随時 商品コード 294415
出版社・調査会社 Analysys Mason

※ 価格につきましてはお問い合わせください。

Analysys Masonが提供する本年間情報サービスのプログラムは、市場について十分な専門知識を有するアナリストが、商業面、技術面、規制面のさまざまな動きに起因する課題と関連付けながら、クライアントの直面するさまざまな問題を解明するものであり、本サービスの調査レポート、予測、識見は、通信サービスやメディアサービスの事業に関する重要な意思決定に必要不可欠な情報を提供します。

本サービスの概要

  • 通信事業者の重要な顧客価値提案に影響を及ぼす次世代の革新的なサービスに焦点を絞り込んだプログラムです。
  • 本サービスの主な目的は、エンドユーザーのトレンドを理解し、業界のベストプラクティスへとまとめ上げていくことにあり、IMS/VoLTE/RCS、クラウド/オーバーザトップ(OTT)、提携など、技術や事業に関するさまざまなアプローチに光を当てます。
  • 本プログラムの基盤となるのは、Analysys Masonが長期にわたって蓄積してきた音声サービスやメッセージングサービスに関する調査プログラムの成果であり、これまでに実施した固定ブロードバンドサービスとメディアサービスに関する調査プログラムで取り上げたOTTや付加価値サービス(VAS)についての情報も盛り込まれます。

主なテーマ

  • OTT通信サービス、ビデオサービス、消費者向けクラウドサービスの市場におけるエンドユーザーのトレンド
  • 飛躍的な技術と新たなビジネスモデル
  • 各種の新たなサービスが通信事業者の収益源に及ぼす影響
  • 通信サービスおよび重要性の高いVASに対する通信事業者の戦略的な対応
  • 基盤となる技術(IMS/RCS/VoLTE、WebRTC、クラウドベース/OTTサービスなど)
本プログラムの成果物:次世代サービス
成果物のタイプ 発行回数
(12ヶ月間)
レポート:予測、定量的モデリング、調査レポート、および重要なトピックについての詳細な分析 4回
ビューポイント:業界内の個別の問題に焦点を絞り込んだ分析(ベストプラクティスケーススタディ、革新的なビジネスモデル、各種サービスの予測、技術面のトレンド) 6〜8回
解説:業界の最新動向に関する十分な情報に裏打ちされた見解 10〜12回
追跡調査:OTT通信サービスに関する追跡調査 4回

成果物の主な内容

2014年版で提供される予定の
データレポートと追跡調査
本サービスで取り上げられる予定のトピック
(変更される場合があります)

予測 [トレンドの分析と成長促進要因についての論考]:

  • OTT通信サービスの影響:2014〜2019年の世界市場の予測
    • 通信事業者とそれ以外の企業が提供するVoIP、ビデオ通話、IPベースメッセージングサービスなどを含む、各地域市場での音声、メッセージ、ビデオサービスの動向を予測
  • OTTビデオサービス:2014〜2019年の世界市場の予測
    • 各地域市場におけるOTTビデオエンターテインメントサービスの予測
  • 通信サービスの市場
    • コミュニケーションAPIおよび関連するプラットフォームビジネスの各種モデルに対応する市場機会の評価
    • 完全なLTE環境での音声サービスの提供:VoLTEとクラウド/OTT音声サービス
    • RCS(Rich Communication Suite)、WebRTC(リアルタイム通信)、「通信事業者のOTTサービス」、通信事業者による次世代通信サービスの提供開始といったトピックを継続的に追跡調査
    • OTT通信戦略のケーススタディ:KakaoTalk、LINE、Microsoftなど
    • 通信事業者が提供するOTTサービスのケーススタディ:Etisalat、Telefónica、Verizonなど
  • メディアサービスの市場
    • OTTビデオサービスが従来の有料テレビ事業に及ぼす収益面の影響
    • OTTメディアのケーススタディ:BskyB、IPLA、 Netflix、 VOYOなど
    • オンラインゲームと音楽配信サービス
    • 消費者向けクラウドサービスの市場機会

一次調査:

  • 消費者のスマートフォン利用状況調査:デバイス利用状況追跡アプリを使った調査(OTT通信サービス)
    • 一次調査により欧州と米国におけるスマートフォン利用のトレンドを解明(スマートフォンの利用に関するArbitron Mobileのユニークな調査データに基づくレポート)
  • 2014年のネットワーク接続サービス利用に関する消費者調査:次世代通信サービスとメディアサービス
    • 欧州4ヶ国と米国市場での消費者によるOTT通信サービスとビデオサービスの利用状況と選好度

各種データの追跡調査

  • OTT通信サービスに関する追跡調査
    (4半期ごとに最新版を発行)
    • 従来のサービスに代わる主なOTT通信サービス、および大手通信事業者が推進する次世代サービス構想に関する重要業績評価指標(KPI)の追跡調査
© Copyright 2005-2019, Global Information, Inc. All rights reserved