GII Premiumでは高付加価値な「更新型市場情報サービス」を提案しています

Presented by Global Information, Inc
ホーム > 通信/IT 年間情報サービス一覧 > 移動体通信サービス

移動体通信サービス

Mobile Services

発行回数 随時 商品コード 294412
出版社・調査会社 Analysys Mason

※ 価格につきましてはお問い合わせください。

Analysys Masonが提供する本年間情報サービスの調査プログラムを活用すれば、移動体通信サービス市場のビジネスチャンスと課題について理解を深め、競合他社の機先を制することができます。このプログラムで示される分析には、通信事業者やベンダーなど、市場に関わっている企業や団体との間で絶えず行われている意見交換、およびAnalysys Masonが独自に実施する消費者を対象とした一次調査の結果が反映されており、市場についての予測と見解にしっかりとした根拠を与えています。当社の役割は、市場の多様なトレンドをいち早く見極めることで、クライアントが顧客のニーズにしっかりと対応し、収益を維持、拡大することができるよう手助けすることにあります。

  • 本サービスの概要
    • プリペイド式携帯電話の移行戦略から4Gサービスの料金設定まで、事業の柱となる移動体通信サービスについての調査と分析を提供する情報センターとして機能します
    • 顧客の維持、ローミング、仮想移動体通信事業者(MVNO)の戦略など、網羅するテーマが拡充されています
    • 音声、メッセージング、データ(モバイルブロードバンドを含む)の各サービスの重要性および顧客が支出する金額の変化を追跡調査(および計画を立案)する際の立脚点を提供します
  • 主なテーマ
    • モバイルデータサービスの料金設定とバンドリング戦略のベストプラクティス
    • 顧客維持と乗り換え件数低減に向けた戦略
    • 4Gサービスの料金設定とマーケティング
    • ローミングとモバイルターミネーションレート(MTR)に対する規制政策の影響
    • サブブランドおよびホールセール/MVNOのビジネスチャンス
    • プリペイド式携帯電話の顧客ベースの発展
プログラムの成果物:移動体通信サービス
成果物のタイプ発行回数(12ヶ月間)
レポート:予測、定量的モデリング、調査レポート、および重要なトピックについての詳細な分析4回
ビューポイント:業界内の個別の問題に焦点を絞り込んだ分析(ベストプラクティスケーススタディ、革新的なビジネスモデル、各種サービスの予測、技術面のトレンド)5〜7回
解説:業界の最新動向に関する十分な情報に裏打ちされた見解7〜8回
追跡調査:移動体通信サービス市場の各種指標に関する四半期ごとの調査レポート
モバイルデータサービスの料金の追跡調査
4回
2回

成果物の主な内容

2014年版で提供される予定のデータレポートと追跡調査本サービスで取り上げられる主なトピック(変更される場合があります)

予測[トレンドの分析と成長促進要因についての論考]:

  • 移動体通信サービス:2014〜2019年の世界規模の市場予測
    • 各地域市場の音声、メッセージング、データサービスの加入者と売上高に関する予測、および主要国のデータ

一次調査:

  • 2014年の消費者のスマートフォン利用状況調査:デバイス利用状況追跡調査アプリを使用(主な調査結果、モバイルデータサービスの利用状況)
  • 欧州の4ヶ国と米国におけるモバイルデータサービス利用のトレンド(Arbitron Mobileと共同で専用アプリによる利用状況の追跡調査を実施し、得られたデータをもとに分析)
  • 2014年のネットワーク接続サービス利用に関する消費者調査:移動体通信サービス−現在の利用状況と今後の意向
  • 欧州の5ヶ国と米国の市場を網羅し、移動体通信サービスに対する消費者の態度、選好度、支出などを調査

各種データの追跡調査:

  • モバイルブロードバンドサービスの料金の追跡調査(年2回発行)
    • 欧州、米国、アジア太平洋地域の主要市場における3Gおよび4Gサービスの料金とパッケージの比較
  • 移動体通信サービスの各種指標に関する四半期ごとの調査レポート
    • 西欧および中東欧の29ヶ国における移動体通信サービスと収益に関する重要業績評価指標(KPI)の追跡調査
  • 欧州におけるMVNO市場の新たな段階:最新の状況と展望
  • LTEの影響:料金設定、バンドリング、消費者の期待、マーケティング戦略、固定ブロードバンドサービスとモバイルブロードバンドサービスの料金の比較
  • プリペイド式携帯電話の乗り換え件数低減に向けたベストプラクティス:ハイブリッド料金プランと成功を収めている通信事業者の事例
  • 移動体通信サービスの料金モデルの長期的な展望
  • ローミングサービスの市場規模と展望:
    • 規制の改正が従来からの収益の流れに及ぼす影響
    • ローミングサービスの新たなビジネスモデル
  • モバイルデータサービスの利用パターン:
    • 消費者とその態度/意向(各種サービス、乗り換え防止と支持獲得のための戦略、ネットワーク、バンドリングと料金設定に関する戦略、市場区分)
  • モバイルブロードバンド料金モデルとベンチマークの発展
    • 階層型の料金体系、サービス品質、トラフィックベース、アプリケーションベース、定額制、共有およびマルチデバイスの料金体系
    • 4Gサービスの割増料金に関する分析と料金のベンチマーク
© Copyright 2005-2019, Global Information, Inc. All rights reserved